動物の糖尿病Q&Aコーナー

※獣医療関係者限定ページです※

パスワードをご存知の
thinka BSユーザー様はこちら

※会員ページのパスワードとは異なります

こちらのコンテンツは、動物用グルコース分析装置 thinka BS-7110をお使いの獣医療関係者限定となっております。

BSをお使いの方でパスワードをご存知ない場合は、こちらからお問い合わせください。
掲載期間中にthinka BS-7110をご購入いただいた方にはもちろん
パスワード発行いたします!


期間限定公開中!

獣医療関係者の皆様が、日々の診療で感じていらっしゃる
動物の糖尿病に関する疑問・質問に対して、
講師の先生にお答えいただきます。

■6月末までの期間限定企画■
質問受付は期間中に2回実施予定です。
パスワード入力して入室いただいたページに質問フォーム
設置いたしますので、該当期間中にご入力ください。

1回目受付期間:2021年3月15日~3月28日
2回目受付期間:2021年4月19日~5月9日(予定)


担当講師は・・・

今回ご担当いただくのは、
日本獣医生命科学大学 名誉教授 左向敏紀先生 です。

直接ご質問できる機会がない方も多くいらっしゃるかと思いますので、
ぜひぜひご参加ください!

パスワードをご存知の
thinka BSユーザー様はこちら

※会員ページのパスワードとは異なります

BSをお使いの方でパスワードをご存知ない場合は、こちらからお問い合わせください。

こんな質問に回答いただいています・・・

✔ 治療開始時のインスリンの種類やトレンドを知りたい
✔ 猫の糖尿病管理で、食事を食べなくなったときはどうすればよい?
✔ 血糖曲線を描くとき、耳朶からの採血でも問題ない?


===注意事項===

※すべてのご質問に回答いただけるわけではございません。
※個別の診療相談を受け付けるものではございません。
※テキスト・画像等の無断転載、無断使用を固く禁じます。