【鹿児島大学 桃井教授】血糖値の恒常性 インスリノーマは谷あり山あり1

自然環境とは・・・

まだまだ暑いですね。
これも地球温暖化の影響でしょうか。

今年も鹿児島は暑かったです。夕方にはスコールが来襲します。

夕立ではなくてたぶんスコール。ほぼ熱帯?という感じです。

 

地球の自然環境は、海水や対流機構によって急激な環境変化を和らげてくれることが多いみたいです。でも人間のためにやってくれるわけではありません。

地球の兄弟星である金星はなんと400℃以上と灼熱です。地球だって数億年前には氷河期になって全球凍結したことがあるそうです。やりすぎ。

自然は手加減なし、です。人間は生き延びたいなら賢くならないといけないと思います。

 

一方で、動物の体はそうではありません。生きるために生体内の環境を一定に保とうとするすごいメカニズムが備わっています。ホメオスタシスというやつですね。

 

血糖値もそうです。「糖分は頭の栄養」というのはとある有名なクマさんの言葉ですが、脳の活動には糖分が必要なので血糖値が常に一定レベル以上になるようにしっかりと糖分を作り出しています。

 

今回は、そんな血糖値コントロールのメカニズムの頑張りがよくわかるインスリノーマのティアラさんのお話です。

インスリノーマの症例

ティアラさんは5歳齢で痙攣発作を主訴に来院されました。とても愛されているキャバリアさんです。

調べてみると低血糖でインスリン濃度も高くて膵臓付近に腫瘤がある。そう、インスリノーマでした。ちょっと若めの発病です。

 

インスリノーマはわりと転移しやすい腫瘍です。そのため手術による根治は難しいですが、不完全でも腫瘍を切除してボリュームを小さくすると低血糖がコントロールしやすくなり、予後も改善できるとされています。

 

手術で腫瘍摘出

そんなわけでティアラさんはホームドクターで手術してもらうことになりました。

執刀した先生によると腫瘍はキレイに取れたということでした。
実際、しばらくは何事もなく過ごされていました。

 

しかし、やはり文献的な情報のとおり、半年後になって再度、低血糖発作で来院されました。来院時の血糖値は32mg/dL。きびしい。

超音波でも膵臓の近くに再び腫瘤が確認されました。おそらく再発。リンパ節への転移と思われました(図1)。

図1.ティアラさんの再発時のCT像
肝臓の尾側に腫瘤(赤丸)があります。とりあえずCTでは他の遠隔転移はみつかりませんでした。

 

治療はまずは、プレドニゾロン0.7mg/kg/day。これがなんとうまくいきました。

低血糖症状もなくなり、しばしコントロールすることができました!

しかしこれからどうしたものか。腫瘍はいずれ大きくなって低血糖のコントロールが難しくなる。優柔不断の獣医(筆者)としては悩みました。

 

2回目の手術をするかどうか。今回は再発ということで、手術しても再々発の可能性は高いでしょう。超音波でみても腫瘍が2つくらいありそうですし、そうすると、他にもあるに違いない。

 

再発→2回目の手術

こんなふうに獣医はもんもんと悩んでいましたが、飼い主さま即決です。迷わず手術。その方が長く生きられそうだからとのこと。

 

幸い2回目の手術もうまくいきました。外科の先生ありがとう(図2)。

それでも再発は逃れることはできないでしょう。
この時のティアラさんの体重はちょっと痩せ気味の6.4kg。
ここからティアラさんの血糖値と体重の大変動がはじまってしまいます。

図2.ティアラさんの術中写真
腫瘍を矢印で示しています。右は摘出された腫瘤です。病理組織は転移性腺癌でした。

関連ページ

血糖値の恒常性 インスリノーマは谷あり山あり2