【東京大学 桃井教授】分子標的薬と免疫療法:獣医療でのがん治療はどこに進むのか・・・①

ヒト医療におけるがん治療も、免疫療法の台頭で変化してきています。獣医療でのがん治療も同様に変わっていくのでしょうか?今回は、がん細胞の「識別」という点に注目して解説し、私見も交えながら今後の獣医療の変化を考えてみようと思います。

伝統的ながん治療:識別と攻撃

がん治療では、がん細胞をなんらかの方法で「識別」し、除去します。例えば多くの抗がん剤はがん細胞の「増殖が早い」という特徴を識別して、細胞を死滅させます(なので増殖が早い正常細胞も巻き込まれ副作用が出ます)。手術では、外科医が肉眼的にがん組織を識別して、切除します。放射線治療では、CTなどの位置情報からがんを識別して、放射線でがんを焼きます。

小分子型の分子標的薬の一般化

新しいがん治療はどのようにがんを識別するのでしょうか?
まず小分子型の分子標的薬からです。

イマチニブ(グリベックR)、トセラニブ(パラディアR)などは獣医療では馴染み深い薬剤です。これらの薬剤は、細胞の増殖にかかわる複数の受容体分子をターゲットにしています。これらの薬剤の分子識別は厳密ではありません。同じ用な機能をもつ複数の分子を標的としますし、他の動物種の分子にも作用するものが多いです。がん細胞をきっちり識別しているわけではありません。

医療では遺伝子診断などで、がん細胞のもつ変異を見つけることで「識別」をサポートしています。しかし正常細胞も変異していないとはいえ、同じ分子をもっていますし、標的分子が攻撃されても細胞には代替経路があるので作用が限定的になりやすいです。

獣医療では遺伝子変異を評価せずに投与されることも多いのではないでしょうか?それが許容される大きな理由は副作用の軽さです。効果が抗がん剤と異なり直接細胞死に結びついているわけではないからです。増殖抑制を狙った薬剤なので、正常細胞への副作用もマイルドです。従来の抗がん剤とは戦略が異なるため、従来法にプラスの効果が期待できますが、「識別」の甘さからがん治療の切り札にはなりにくいと思います。

免疫療法の本格化(ヒト医療の話です)

ヒト医療の話になりますが、ニボルマブ(オプジーボR)を始めとする免疫チェックポイント阻害剤は、免疫治療のブレークスルーになりました。免疫を活性化すればがんが治る(こともある)。奏功率はおおむね2−3割という感じだと思います。それでもいままで治療法が無いような患者さんには福音となっています。

これらは抗体医薬品に分類されます。基本的にがんの「識別」と攻撃は行いません。患者さんの免疫抑制を解除してがんを攻撃させます。がん細胞の識別も攻撃も本人の免疫系にお任せしています。免疫系のがん識別能力は、分子レベルで優秀なのでうまく機能すればがん細胞だけを攻撃してくれます。ただ、本人にお任せなので、上手く機能しない患者さんもでてきます。

他の戦略の薬剤としてがん抗原を直接認識するリツキシマブのような薬もあります。リンパ腫が発現している(正常細胞でも発現している)分子を認識する抗体が成分です。これら抗体医薬品を獣医療で使用するためには当然ながら動物化抗体にする必要があります。一般に抗体医薬品は高価です。獣医療でもロキベトマブ(サイトポイントR)のようにすでに実用化されている抗体医薬品はありますが、これから獣医療で他の抗体医薬品が広く利用されるようになるかは、獣医市場で、薬剤開発コストが回収できるか、という経済の問題なのだろうと思います。

次回、がん抗原ワクチンやオーダーメイド治療について考察いたします。

東京大学 桃井康行