【岩手大学 佐藤先生】尿検査の意義~尿蛋白の解釈について

動物病院で日常的に行う臨床検査では、一般的な血液検査の他に尿検査がよく行われます。尿の中には、腎臓、尿管、膀胱、尿道といった尿路系の情報以外にも、全身の臓器に関する情報も含まれています。尿検査の結果を正確に読み取る能力を持つことで、日常の診察で行われる確定診断に必要なデータベースが充実することでしょう。今回は、“尿蛋白の種類と診断的意義”に焦点を当て、ご紹介します。

尿の一般性状検査について

尿検査で試験紙法を行う前に、尿の性状をチェックしましょう。色調や混濁度、臭気、泡沫の有無などの五感を使った検査と、尿比重、尿pHは採尿したら直ぐに観察することをお勧めします。採尿後に尿を放置すると次第に濃縮し、尿比重やpH、尿沈渣の観察に影響が出て来ますので、直ぐに観察する必要があります。詳しくは、thinka Journal vol.2に記載しておりますので、よろしければ参照してください。

試験紙法について

尿蛋白試験紙法では、尿中化学成分の定性・半定量検査が出来ますが、ここでは尿蛋白の検出についてお話します。試験紙法で使用される試薬は、アルブミンと最も強く反応し、その他の蛋白での反応性は最大でも約20%程度とされています。したがって、実際には試験紙法では尿中アルブミンを主に検出していると解釈されます。尿蛋白試験紙法では、酸性条件下で蛋白がプラスに荷電した状態のところに色素が結合して発色するという原理で蛋白を検出しています。そのため尿のpHによっては、測定結果に影響をあたえます。強酸性尿では偽陰性を、強アルカリ尿では偽陽性を示しやすくなります。

尿蛋白の生理学

糸球体の基底膜部分にはサイズバリアとチャージバリアというバリアがあります。生理学的に糸球体を通過できる尿蛋白のサイズは限られています。一定の分子サイズ(1,500~45,000dalton)以下の蛋白は糸球体のサイズバリアから逃れて尿中に出てきますが、尿細管で再吸収されるので最終的には私たちが得られる尿検体の中に出てくる蛋白の量は非常に少なくなります。ペプチドも分子量が小さいので糸球体は全部通過しますが、尿細管で再吸収されています。正常の動物でもごく僅かなアルブミンが尿中に出ていますが、試験紙法で反応するレベルではありません。

イヌの近位尿細管の尿中蛋白濃度は10~15mg/dL以下ですが、それと同じぐらいの量が遠位尿細管や集合管の部分から分泌されており(Tamm-Horsfall mucoprotein)、これが尿蛋白の40~60%を占めています。

尿蛋白の評価

私たちは普段、どのくらいの量になると尿蛋白がたくさん出ていると認識するのでしょうか。一般的には、24時間蓄尿の中に体重1kg当たり20~30mgが判断の目安となります。尿蛋白は24時間で評価する事がゴールドスタンダードでしたが、獣医療ではヒトのように入院させて蓄尿することが難しく、随時尿(スポット尿)で評価する必要があります。

しかし、飲水後に出る薄い尿と、就寝後に水を飲まない時間帯でつくられている濃縮尿を同じレベルで比べられません。そこにUP/C(urinary protein: creatinine ratio)の有用性があります。クレアチニンは、筋肉から常に一定量排出されます。尿が薄いときはクレアチニンも薄くなりますし、濃いときはクレアチニンの量も濃くなるので、クレアチニンとの比で評価することによって尿量の誤差を補正することが出来るとされています。したがって、随時尿ではUP/Cを用いて、蛋白尿の評価をします。

尿蛋白の種類

尿蛋白は出現する機序により腎臓を中心に、腎前性蛋白、腎性蛋白、腎後性蛋白に分類されます。

腎前性蛋白

腎臓よりも前の段階に病態が存在して出現する蛋白尿で、ヘモグロビン、ミオグロビン、ベンス・ジョーンズ蛋白、免疫グロブリンがあげられます。これらの蛋白が出現する原因としては、溶血性貧血、多発性骨髄腫、リンパ腫、白血病などがあります。ヘモグロビン尿、ミオグロビン尿は試験紙法により検出が容易ですが、ベンス・ジョーンズ蛋白は試験紙法ではほとんど検出できませんので、別の検査が必要となります。

腎性蛋白

主にアルブミン尿です。糸球体腎炎などが重度の時には高分子蛋白、例えば免疫グロブリンなども排泄されるようになります。アルブミン尿、免疫グロブリン、その他の高分子蛋白は、糸球体疾患やアミロイドーシスのような糸球体の基底膜の重度の障害の時に検出されます。

こういった高分子蛋白とは別に、分子量の小さい蛋白も検出されるようになります。低分子蛋白は糸球体から排泄された後に尿細管で吸収されるのですが、高度の糸球体疾患で重度の蛋白尿が続くと尿細管障害を起こし尿中にも低分子蛋白が出現します。尿細管自体の病変の場合も同じです。試験紙法ではアルブミン尿は検出が容易ですが、低分子蛋白に関してはポリアクリルアミド電気泳動法などの検査法で検出します。

腎後性蛋白

腎臓よりも下部の尿路から出るものです。炎症性の浸出液、あるいは出血による血漿蛋白(血尿)です。原因は尿路の炎症、腫瘍の浸潤、生殖器の疾患、尿石などさまざまです。血漿蛋白(血尿)は試験紙法で容易に検出できます。

まとめ

以上のように、尿蛋白ひとつをとっても、蛋白の種類や原因はさまざまであり、尿試験紙法だけで診断できるものでもありません。動物病院で普段行う尿検査はスクリーニング検査としての位置づけが大きいと思いますが、その結果を正しく読み取れないと、せっかくの検査を活かすことができないかもしれません。臨床症状や尿検査、血液検査等、総合的に判断していくためには、基本的な部分の理解を深めることが重要です。

今回の記事が、その一助となれば幸いです。

岩手大学 佐藤れえ子

※本内容の関連記事が「thinka Journal vol.2」に掲載されています。ご興味のある方は、ぜひ資料請求ください。
資料のご紹介

尿蛋白の確認、きちんとしていますか?