【鹿児島大学 桃井教授】ネコの糖尿病は砂漠化なのか山火事なのか

イヌの糖尿病は砂漠化

地球も暑くなって毎年、北米やオーストラリアなどでは大規模な森林火災のニュースを耳にします。
コアラさんなんかは動きがゆっくりなので、逃げ遅れてしまうこともあるみたいですね。ユーカリ燃えやすそうですし。

イヌの糖尿病とネコの糖尿病ってだいぶ違いますよね。イヌの糖尿病は膵臓の砂漠化だと思います。
何もない。β細胞がない。インスリンが出ない。
体の中の状況がそれほど変化しないのでインスリン投与に対してリーゾナブルに反応してくれます。

 

ネコの糖尿病は山火事

それに比べて、ネコの糖尿病はコントロールが難しいですよね。急に高血糖になるし、インスリンの必要量が変わるし、そうかといえば、なんか血糖値が普通になって、油断しているとインスリンで低血糖になるし・・・。

そんな経験をされている獣医師は多いのではないでしょうか。
この理由はネコの糖尿病が山火事だからだと思うのです。

つまり現在進行系でβ細胞が焼き尽くされている。

コントロール指標SAAと血糖管理

ここ10年くらいで膵炎の病態がだいぶ理解されてきたように思います。診断も精度が高くなったかな。

ここ何年か、ネコの炎症マーカーであるSAAを測る機会が多くありました。
糖尿病の症例は定期的に来院しているので、SAAについても繰り返し測定することができました。

SAAは炎症マーカーなので、非炎症性疾患ではあがりません。
特にイヌのCRPよりもON、OFFが明確な印象があります。

糖尿病は一般的には内分泌疾患で慢性の非炎症性疾患とみなされることが多いですが、ネコではちょっと違うのかもしれません。

ネコの糖尿病を治療しても血糖値が安定しない理由は、ズバリ膵炎(だと思います)。
ネコの糖尿病の発症機序にはもともと膵炎が関与していることが多いとされていました。膵臓、胆管、消化管の炎症が同時に起きるとされています。
SAAのデータをみていると半分くらいのサンプルでSAA高値となっていました(図1)。

図1.糖尿病ネコのSAA
集めた糖尿病ネコ21検体中12検体(10症例中6症例)でSAAが高値になっていた。

そしてSAAが高値の症例では糖尿病は悪化し、インスリンの必要量が増える。
逆にSAA低値の例では、血糖値は割りと安定するか、糖尿病自体が治っていく例も多い。

つまり、山火事だと思うのです。

木がβ細胞。
膵炎のときには膵臓が燃えてしまって、インスリンを出す、木が燃えてしまう。

現在進行系で燃えていくので、インスリンを出す能力も落ちて糖尿病が悪化する。
逆にSAAが低ければ、燃えた山からまた木が育つこともあってインスリンの分泌能力も回復することがある。
SAAは糖尿病のコントロールのしやすさの指標になりそうかなと思っていますが、診療ではなにはともあれ、とりあえず血糖値をコントロールすることが大事なのでそれどころではないかもですね。
 

ネコは興奮すると血糖値が結構高くなります。

気分?で高血糖になるなんて、常人には考えにくいです。糖新生のメカニズムも人間やイヌと異なるのかもしれませんが、ネコの糖尿病は炎症性疾患と考えたほうがいいときもあるように思っています(図2)。

図2.膵臓に嚢胞がある猫のCT像と超音波像

糖尿病のネコではこのような形態的な変化がいつもあるとは限らないですが、病態は膵炎の延長線上にあることは以前からいわれてきました。
しかし、より正確には延長線上というよりも膵炎で直接引き起こされていることも多いように思います。

関連ページ

【日本獣医生命科学大学】ネコの糖尿病と膵炎の治療

【日本獣医生命科学大学】糖尿病の症状