【東京大学 桃井教授】分子標的薬と免疫療法:獣医療でのがん治療はどこに進むのか・・・②

①はこちら

がん抗原ワクチンは?

がんに特異的な抗原を注射して免疫の力を付与してがん治療しようという考えは古くからありました。しかしながら獣医療で実用化されているがんワクチンはありません。

先日、新型コロナのワクチンを打ちました。モデルナ社のmRNAワクチンでした。モデルナアームになりました。新型コロナのせいでmRNAワクチンが早く普及しました。このワクチンは遺伝子を筋肉に打ち込んでウイルス蛋白を作らせ、免疫系に認識させています。この戦略はどんな蛋白でも利用できます。製造方法は標的とする蛋白に関係なくmRNA を合成するだけなので、短時間での開発が可能で、抗体医薬品よりも安価に製造できると思います。

原理的にはがん抗原を標的にしたmRNAワクチンをつくることができます。ウイルスと違ってがんは自己抗原ですので、免疫寛容を解除する工夫が必要ですが、新しいアジュバント開発も盛んですし、前述のチェックポイント阻害剤を併用するなどいろいろ工夫ができそうです。医療では、今後、mRNAワクチンをはじめ、がんワクチンの試験がたくさん行われると思います。

オーダーメイドのがん治療:例えばCAR-T細胞療法

免疫系の分子認識システムは優秀です。このシステムを、がん治療を目的として強引に利用するのがCAR-T細胞療法です。患者さんからT細胞を採取して、がん抗原を認識する分子を細胞に遺伝子導入して増殖させ体に戻します。がん細胞の識別は、遺伝子操作した免疫分子が担当します。実際にすでに使用されており造血器腫瘍などでは優秀な成績が報告されています。

患者さんの細胞を使うオーダーメイドの治療で、もっとも重篤な副作用は「経済毒性」かもしれません。医薬品であるキムリアRの薬価は3千万円を超えています。獣医療での使用には、標的分子などについての研究が必要ですが、技術的にはできると思います。問題点としては遺伝子操作した細胞を動物に注射するので、現状では規制対象になることです。

将来:がん治療はどうなっていくのでしょうか?

がんを含め治療の選択肢は多い方がよいです。技術的な障壁はまだまだありますが、免疫療法は流れを変えています。一方で高度な獣医療の実践に向けて、コストや市場性の問題、遺伝子操作等に関する社会的な規制の問題にも向き合うべき時期になってきているように思います。

東京大学 桃井康行

【東京大学 桃井教授】分子標的薬と免疫療法:獣医療でのがん治療はどこに進むのか・・・①