【日本獣医生命科学大学】糖尿病管理~糖尿病ネコの食事療法と慢性腎疾患~その1

ネコの糖尿病はインスリン分泌の低下とインスリン抵抗性の発現によって生じ、遺伝的素因をもとに、高齢、肥満、感染症、ストレスなど様々な要因が関与しています。
ネコの糖尿病では食事療法とインスリン治療が基本とされ、食事療法では食後の血糖値上昇を是正するとともに、肥満を改善させることが重要とされます。
現在では、各フードメーカーより
様々な糖尿病療法食が販売されています。

今回は糖尿病ネコの食事療法の基礎と、高齢ネコに多い慢性腎疾患併発時の食事療法とインスリン治療について、2回にわけてご紹介します。

糖尿病療法食の違いによる効果

糖尿病療法食には従来、肥満予防として低脂肪、高繊維食(Hill’s w/d、スペシフィックFRW、FRD)と、近年多く用いられている低炭水化物、高タンパク食(Hill’s m/d、ロイヤルカナン 糖コントロール)が適応とされます。

以前に我々の研究室では、正常ネコへの糖尿病療法食給与による血糖変動およびインスリン分泌量の変動を検討しました。
この研究では高タンパク食と高繊維食を給与した場合、血糖変動は高タンパク食(ー○ー)の方が低い値を示しましたが、インスリン濃度変動は高繊維食(ー▼ー)の方が食後あまり上昇することなく緩やかに推移したことを明らかにしました。

(Mori et al. 2009.)

図1.糖尿病療法食給与による
血糖変動(左)およびインスリン分泌量変動(右)

また、過去の報告では低炭水化物、高タンパク食の方がインスリン治療からの離脱が高いといわれていますが(Bennett N et al. 2006.)、実際には両者ともに非常に重要であり、どちらも糖尿病ネコの血糖コントロールを改善させると考えられます。

ネコの糖尿病と慢性腎疾患

しかしながらネコの糖尿病は比較的高齢で発症し、腎疾患を併発する場合も多いです。
腎疾患は高齢ネコにもっともよく見られる疾患で、その発症率は15歳以上のネコの1/3にものぼると報告されています。

糖尿病ネコは腎疾患を併発した場合、その治療において血糖コントロールが悪化することがしばしばあります。
ネコの糖尿病に対しては低炭水化物、高タンパク食もしくは、低脂肪、高繊維食が糖尿病コントロールを改善させますし、ネコの慢性腎疾患においてはリンを制限した食事が勧められます。

慢性腎疾患時の理想的なタンパク量は不明ですが、少なくとも低タンパク食により尿毒症の臨床徴候が改善されることは認められており、多くの腎臓病療法食でタンパク食は制限されており、高脂肪食となります。つまり、糖尿病と腎疾患の食事療法は全く正反対の考え方となるのです。

まとめ

糖尿病ネコに他の疾患が見つかった場合の食事療法は、糖尿病ではなく他の併発疾患を優先的に実施します。膵炎を併発している場合は低脂肪の消化器系療法食、腎疾患を併発している場合は低タンパクの腎臓病療法食を選択します。
これらの療法食は糖尿病療法食と比べると相対的に炭水化物含有量が増加するため、血糖コントロールが悪化する場合がありますが、インスリン投与量を増量させて対応していきます。
どの程度インスリン投与量が増量するかは症例にもよりますが、次回、腎臓病療法食に変更してインスリン投与量が増量した糖尿病ネコのケースをご紹介します。

日本獣医生命科学大学 小田民美、左向敏紀

関連ページ

【日本獣医生命科学大学】糖尿病管理~糖尿病ネコの食事療法と慢性腎疾患~その2

糖尿病の動物のための食事管理のポイントと療法食の選び方