【日本獣医生命科学大学】糖尿病管理 ~糖尿病ネコの食事療法と慢性腎疾患~その2

前回に引き続き、糖尿病ネコに他の疾患が見つかった場合の食事療法とインスリン投与量についてご紹介します。症例は、糖尿病に加えて腎疾患を併発したネコについてです。

その1はこちら

Case:腎疾患併発 糖尿病ネコ

・Mixネコ、14歳齢、去勢雄、6 .0 kg
・糖尿病罹患歴7年(インスリングラルギンにて治療中)

本学初診時は7歳齢で、糖尿病のインスリン療法開始の相談ということで来院されました。初診時は特に併発疾患はなく、糖尿病療法食(ヒルズm/dドライ)およびインスリングラルギンにて良好な血糖コントロールを長期間維持していました。

初診から1年半後(表1の腎数値上昇時)に飼い主さまからの稟告で、「多飲多尿および尿の色が薄くなってきた」ことが分かり、血液検査にてBUN、CREの上昇が認められました。
このため、腎臓病療法食(ロイヤルカナン腎臓サポートドライ)に食事を変更しました。

この時点では食欲不振や体重減少、元気消沈などの症状は認められず、容易に食事変更が可能でした。また、飼い主さまの希望により皮下補液も自宅で定期的に(2日に1回ペース)実施することができました。

腎臓病療法食、輸液療法開始3ヵ月後(表1の腎臓病療法食、輸液療法開始後)にはBUN、CREの顕著な低下を認めることができましたが、食事を糖尿病療法食から腎臓病療法食に変更したため、GAは32%に上昇し、インスリン投与量もおよそ1.3倍に増量しました。

また、飼い主さまより「皮下補液を実施した日はぼーっとしていることが多く、活動性低下、軽度の低血糖症状が起きていることもある」との稟告がありました。自宅にて簡易血糖測定器で血糖値を測定してもらったところ、確かに皮下補液を行った後に急激な血糖値の低下(Glu 50mg/dL以下)が認められており、皮下補液によるインスリン効果時間の変化の可能性が指摘されました。

対応としては、

①皮下補液実施の時間を夕食前のインスリン効果の小さい時間帯にしてもらい、
②皮下補液の穿刺部位もインスリン注射部位(頸背部)から離れた臀部に実施するよう

主治医より指示がありました。これにより、低血糖症状の発現はなくなり、良好な糖尿病および腎疾患の管理ができました。

その後、腎疾患は徐々に進行してはいましたが、糖尿病、腎疾患ともに上手に付き合いながら6年間維持し現在に至ります。

現在は、食事は変わらず腎臓サポートドライフードをメインとし、食欲がない場合には市販のウェットフードを少量混ぜながら食事療法を行い、また、インスリン投与量は0.33単位/kg/day、週に2回の皮下補液を継続していただいています。

糖尿病コントロールについては、食事を腎臓病療法食に変更した際にインスリン投与量が1.3倍となった以降は大きな変化もなく安定し、当日の食欲に応じてインスリン量を適宜増減しながら進めていただいています。

表1.血液検査所見

まとめ

食事療法は糖尿病をはじめ、様々な疾患の治療において大変重要です。

糖尿病では食事摂取量に対してインスリン投与量が設定されており、食べなければ指示されたインスリンが注射できません。

同様に、慢性腎疾患のネコにおいても、まずは食べないことには治療ができないということは周知の事実です。

大変困ったことにネコは一般的に嗜好性が高く、年齢を重ねるとともに食事量は減り、その嗜好性はさらに高まります。実際のところ、動物病院から出された療法食を食べない子は多く、皆さんネコの食事変更には大変苦労されているでしょう。

現在では多くのフードメーカーが様々な疾病にあわせた療法食を販売しており、研究開発が重ねられて多くの種類がでてきています。

しかしながら、結局の所、食事療法においてはネコが継続的に食べられる食事であることが大原則となります。

食事変更のポイント

ネコに優しい食事療法を実施するために、小さい頃から様々な食事に慣れさせ、食事変更のハードルをあげないことや、変更に際してその期間を十分に取ること(少なくとも2週間以上かけて徐々に変更)、食欲不振の症状が強くない頃からの食事変更を考えていきます。

療法食は様々なフードメーカーから様々なタイプのものが販売されていますので、その中から好みのものを探していきましょう。
また、ネコの食事の習性をよく理解し、新鮮な食事(水分が抜けてカピカピになっていない)を、1回で食べきれるほど少量ずつ何度も与えることや、食事を人肌程度の温度に温める、フードを一粒ずつ転がして捕食行動を促したりすることも効果的です。

食器の工夫

食器に関しては、ヒゲの汚れない広い浅めのフードボウル、底に凹凸のついたボウル、手前に傾いたボウル、ボウルが滑らないよう裏面に滑り止めのついたものなど、ネコが食べやすいようによく工夫されたフードボウルが販売されていますので、これらを利用することも良いかもしれません。

糖尿病ネコの食事療法を成功させるために、飼い主さまと病院側も一丸となって協力していく必要があります。

早期発見のために

また、特に糖尿病ネコの腎疾患の併発に関してはなるべく早期から対応していくことが重要であり、飼い主さまに日頃の様子をよく観察してもらい、腎臓病の臨床症状(多飲多尿、尿の色が薄くなる、脱水、活動性や食欲の低下、体重減少、消化器症状)にいちはやく気付いていただくことも大切です。

日本獣医生命科学大学 小田民美、左向敏紀

関連ページ

糖尿病管理 ~糖尿病ネコの食事療法と慢性腎疾患~その1

糖尿病の動物のための食事管理のポイントと療法食の選び方