【日本獣医生命科学大学 左向教授】イヌ・ネコの若齢性糖尿病について

ヒトの若齢性糖尿病とは

ヒトの1型糖尿病は若齢(4歳〜18歳)で発症し、糖尿病の10%ほどである。原因は自己免疫による選択的β細胞破壊であり、β細胞が90%以上破壊されると糖尿病の症状が現れる。

自己免疫とは、細胞性免疫(ヘルパーT細胞、細胞障害性T細胞、マクロファージなど)、と液性免疫(Bリンパ産生自己抗体)の両方が関わっていると言われる。発症に強く関わるとされる遺伝因子としては、主要組織適合遺伝子複合体(MHC)遺伝子であるヒト白血球抗原(HLA)の遺伝子型があり、研究が進んでいる。コクサキーウイルス、サイトメガロウイルス、レトロウイルスなどウイルス感染が引き金になる報告が多い。最近の報告では、コロナウイルス(COVID-19)と1型糖尿病の発症との関連も研究されている※1,2

イヌの若齢性糖尿病とは

イヌの糖尿病はヒトの1型糖尿病に類似しているとよく言われるが、これは発見された時点でβ細胞の破壊が早く、90%以上が破壊されていることによる。イヌの若齢性糖尿病、すなわち、ヒトの1型糖尿病と同じと考えられる糖尿病は、1歳齢までに多く見つかる。

若齢発症糖尿病は、人間同様Tリンパ球浸潤が認められるもののほか、ヒト1型糖尿病と異なる先天的な膵島の形成不全、外分泌機能低下症との併発症例※3など報告されており種々である。

イヌでもMHCであるDLA(イヌ白血球抗原)と糖尿病の発症との研究が成されているが、これらの研究は若齢性糖尿病の関連と言うよりは、犬種による糖尿病の発生率とDLAとの関連を調べられているものが多い※4,5。ヨーロッパでの研究が多く、サモエド、ケアンテリア、チベタンテリア、ヨークシャテリア、ミニチュアシュナウザー等の発症リスクが高いとされているが、これは糖尿病全体として述べられている※6

発症の要因として、ヒトのように若齢で罹患するウイルスとの関連は調べられていないようである。イヌにおいても若齢でのウイルス感染により発症している可能性もある。

自験例としては、ラブラドール・レトリバー、ゴールデン・レトリバー、ミニチュアシュナウザー、ミニチュアダックスなどの犬種で症例を経験している。ブリーダーの手元、ペットショップ、飼い主の手元に来た時から数ヶ月以内に発見されたものがほとんどである。

若齢性糖尿病の管理

若齢発症の糖尿病は早期にインスリン治療を行わないと、成長不良・遅延、白内障などを併発する。1型糖尿病=若齢発症糖尿病は、免疫的にβ細胞が破壊されているので高齢で発症する糖尿病のようにインスリン抵抗性が無く、投与するインスリンは少量で良く効くのが特徴である。

NPHインスリンで、0.3-0.4単位/kgくらいから投与開始する。(高齢に多く発症する副腎皮質機能亢進症からの糖尿病はインスリン抵抗性があり、投与量が多い。)

成長に合わせた食事を与え、食事中の炭水化物量に合わせたインスリンを投与する。ヒトのカーボカウントと似た考えで良いと思われる。

発見された時には成長遅延・不良を示していることがあり、正常動物の成長曲線に追いつかせようと、無理な食事給与を行うことは避ける。骨格の成長に無理がかかり整形外科疾患などの誘因となる。無理のない成長曲線で成長させるように食事管理を行う。投与するインスリンはあくまで成長を助け、高血糖を示さない量を投与する。

膵外分泌不全と糖尿病の併発症例はコントロールが難しい。なぜなら、食事からの血糖上昇に合わせたインスリンを投与しても、食事からのブドウ糖吸収、エネルギー流入が安定しないために低血糖をおこしやすい。膵臓の消化酵素剤を十分に混合し出来る限り消化を安定化する。インスリン投与を行っていると外分泌機能もある程度改善する場合もある。

ネコの若齢性糖尿病とは

ネコに関しては1例しか経験がない。

若齢で発症した白内障で来院した症例であった。文献的にも白内障での来院症例が報告されている※7。イヌより症例が少なく、発見が遅れるのかもしれない。十分な経験が無いので治療を述べるのはおこがましいが、イヌの1型糖尿病と同様の対応となると考えられる。

日本獣医生命科学大学 左向敏紀

<文献情報>

【1】Acta Diabetol.2020.Jul 11:1-2. Type 1 diabetes onset triggered by COVID-19
【2】JAMA.2020.Aug 25;328:801-804. Ketoacidosis in Children and Adolescents With Newly Diagnosed Type 1 Diabetes During the COVID-19 Pandemic in Germany
【3】J Am Anim Hosp Assoc. Nov-Dec 2015;51(6):419-23.Juvenile Diabetes Mellitus and Concurrent Exocrine Pancreatic Insufficiency in a Labrador Retriever: Long-Term Managemen
【4】Canine Med Genet. 2020; 7: 15.  Dog leucocyte antigen (DLA) class II haplotypes and risk of canine diabetes mellitus in specific dog breeds
【5】J Small Anim Pract. 2008 Jan;49(1):4-10.Canine diabetes mellitus: from phenotype to genotype
【6】Vet J. 2013 Feb;195(2):139-47.Genetics of canine diabetes mellitus: are the diabetes susceptibility genes identified in humans involved in breed susceptibility to diabetes mellitus in dogs?
【7】J Feline Med Surg. 2002 Jun;4(2):115-22.Diabetes mellitus and bilateral cataracts in a kitten

【日本獣医生命科学大学 左向教授】糖尿病の分類

【日本獣医生命科学大学 左向教授】糖尿病とは??~イヌ編~