【東京大学 桃井教授】獣医療関係者はハイリスクです!重症熱性血小板減少症(SFTS)に気をつけましょう

いろいろな人獣共通感染症のリスクが啓発されていますが、現時点で一番“ヤバイ”のは重症熱性血小板減少症(SFTS)だと思います。とくに獣医師や動物看護師は、ハイリスクになります。今回は、このリスクをみなさんに認識してもらうために、SFTSのことを現場の獣医目線で書いてみます。

重症熱性血小板減少症(SFTS)とは

SFTSは、ウイルス感染症です。ダニ媒介性です。

動物病院の獣医療関係者が外でダニに咬まれることはあまりないですが、問題は、イヌ、ネコからわりと簡単に感染することです。現実的なリスクがあります。これまでのヒトの感染者数は500を超えています。ヒトでも基本的に治療薬はありません。

インフルエンザ薬で新型コロナ治療薬として期待されたファビピラビル(アビガン)が使われることもあるようですが、効果は確定していません。重篤な患者さんに対してはステロイド剤も使用されることがあるみたいですが、どちらかというと対症療法的な使用だと思います。ウイルスを排除するわけではないです。要するにこれといった治療薬はなく、ヒトでの致死率は〜30%程度で、高齢なヒト(特に50歳以上)ほど重症化するリスクが高いようです。

動物への影響と動物からの感染

イヌ・ネコともに感染しますが、ネコの感染が目立ちます。これまでにネコは300例以上が診断され、致死率は50%を超えると思われます。ちなみにイヌの診断数は10例超です。

具合が悪いネコが動物病院に運び込まれ、SFTSを意識せず治療して、飼い主さんや獣医療チームが感染します。発症しているネコの血液や口や肛門などにはウイルスが存在します。ネコに咬まれたり、針刺し事故をしたり、血液に触れたりすることで感染します。

繰り返しますが、実際に感染してしまうとそれなりの確率で死んでしまいますので、早めにSFTSの可能性に気づいて防護を行うことが大切です。

SFTSを疑うポイント

とはいえ、獣医としては、調子が悪い動物が来院すれば治療する必要があります。防護体制をとるために、まずはSFTSを疑うことから始めましょう。ではどういうネコでSFTSを疑うか?できるだけわかりやすく列挙します。

場所と時期

基本的に西日本での発生が多いです。ダニがいるような自然が残っているところ。特定の地域(特定の病院)に集中して発生することもあります。地域の獣医師同士で情報を共有するとよいと思います。

東日本の発生はまれですが、静岡県とか千葉県にもウイルスがいることがわかっています。年中発生しますが、なぜか2〜6月くらいに多くみられます。ダニの時期とズレていますが、なぜか春先に多くみられます。

感染経路

基本的に外に行くネコが感染して帰ってきます。典型的な急性感染症です。潜伏期間は1週間程度。脱走から1週間くらいで発症、というパターンです。ダニがついていることも見つからないこともあります。完全室内飼育での発症はないでしょう。ただし、外に行くネコがSFTSに感染して、同居ネコに広げることはあります。感染ネコは発症することが多いみたいです。

予防

我々がよく使うダニ駆除薬(スポット剤とか内服薬とか)の有効性は不明です。これらの薬は吸血したダニを殺すのものであり、SFTSは吸血時に感染が成立します。実際問題としてしっかりダニ駆除をしていたネコでも多く感染がみられていますので、“予防”していても感染すると考えましょう。

症状

感染ネコの症状ですが、元気がない、食欲がない、など非特異的です。問診で疑うことは困難です。身体検査では発熱がよくみられます(肛門からもウイルスが排泄されるので体温測定には気をつけてください)。元気な若い外ネコが、急に元気がなくなったというのは、危ないパターンです。

検査所見

動物病院ではSFTSと気づかずに採血して血液検査を行うことになってしまいます。検査で特徴的なのは、白血球減少と血小板減少です。これらは鑑別診断が必要な病気が多くないので、SFTSを疑うきっかけになります。典型的な急性疾患なので急性すぎて貧血はあまりみられません。生化学検査では、SAAの増加がみられます。あとなぜか黄疸も高頻度にみられます。ビリルビンが高いわりには、GPTの増加は中程度にとどまるパターンが多いです。超音波などの画像診断では胆管系の異常は検出されません。

類似感染症

SFTSと間違えやすい疾患としてはパルボウイルス感染症、FIVの感染初期、 FeLV感染が挙げられると思います。パルボウイルス感染は盲点になりやすいかもしれません。個人的にはネコのモルビリウイルスも似たような症状を起こすと思っていますが、また機会があればどこかで紹介したいと思っています。

まとめ

確定診断はPCR検査ですが、受託しているところは少ないです。一部の大学、国立感染症研究所ベッツクリニカルラボなど。このあたり、獣医師がもっと便利に検査を依頼できるようにできればなぁ、と考えています。

ところで厚生労働省と「ゆるキャン△」が野外のダニ対策でコラボしています。ダウンロード無料のポスターがあるそうです。SFTSが心配な地域の先生は病院に掲示してもいいかもしれませんね。個人的には「山ありダニあり」のポスターの方が味があって好きです。

厚生労働省サイト:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164495.html

SFTSのネコ。
若いネコですが、急な発症で来院し、当日死亡しています。
意識障害がありました。

東京大学 桃井康行

【東京大学 桃井教授】動物の新型コロナ感染症の現状について

予防シーズン到来! 犬糸状虫症