【日本獣医生命科学大学 左向教授】糖尿病の分類

ヒトの糖尿病について

現在のヒト糖尿病分類法は、成因分類(発症機序)と病態分類(病期)が併記されるべきものと考えられており、いかなる成因であっても種々の病態を経て進行します。

 

ヒトの成因分類では1型、2型、その他の糖尿病、妊娠糖尿病に分類されます。

 

近年遺伝子異常が明らかにされた糖尿病は、遺伝因子として遺伝子異常が同定された糖尿病として別に扱われるようになりました。

1.糖尿病と糖代謝異常の成因分類

ヒトの1型糖尿病と2型糖尿病、その他の糖尿病

<1型糖尿病>

1型糖尿病は、主に自己免疫による何らかの原因で膵臓ランゲルハンス島β細胞が破壊され、インスリンの分泌量が絶対的に不足して起こるもので、HLAなどの遺伝因子にウイルス感染などの誘因・環境因子が加わり発症します。

ヒトの場合は糖尿病患者の5%以下といわれ、若齢に多く発生しますが、あらゆる年齢層に起こりうる病気です。
発症初期に膵島関連自己抗体が証明できます。

 

イヌにおいて1歳未満の若齢で発症する糖尿病が認められ、これが1型糖尿病と考えられています。
Nelsonらは、多くのイヌの糖尿病は、1型糖尿病に類似していると報告しています。

その理由として、発見された時には膵島β細胞の空砲化および細胞数が減少していること、ヒトと同じように膵島抗体、GAD抗体等が確認された症例があるためです。

 

<2型糖尿病>

2型糖尿病は、インスリンの分泌量の不足およびインスリン抵抗性を示す複数の遺伝様式に、過食、運動不足などの生活習慣および肥満などが環境因子となりインスリン作用不足となることで発症します。

遺伝因子は大部分が多因子遺伝と想定されています。

 

インスリン非依存状態の糖尿病の大部分が2型であり、多くは中年以降の発症で糖尿病の90%以上を占めています。

 

ネコの多くの症例がこの2型に類似するとされています。
ネコでの発症危険因子として、肥満、雄が挙げられており、脂肪細胞から分泌されるアディポネクチン、レプチン、TNFαなどの関連が示唆されています。
また、一部の症例で膵臓β細胞へのアミリンと呼ばれるislet amyloid polypeptide (IAPP)の蓄積がβ細胞の機能障害に関与することが知られています。

 

<その他の糖尿病>

その他の疾患、病態に伴う糖尿病とは、種々の疾患・病態で糖尿病状態を示すもので、以前は二次性糖尿病といわれていました。

 

  1. 膵外分泌疾患(膵炎)
  2. 内分泌疾患(クッシング症候群、先端巨大症、褐色脂肪腫、甲状腺機能亢進症など)
  3. 肝疾患(慢性肝炎、肝硬変)
  4. 薬物使用(グルココルチコイドなど)
  5. 感染症

などが挙げられています。

 

イヌ・ネコの糖尿病はこの分類の中に当てはまるものも多くあります。
特にイヌではクッシング症候群から発症することが多いです。

ネコの場合は膵炎、先端巨大症、甲状腺機能亢進症、グルココルチコイド投与、感染症により発症することが多いです。

 

<妊娠糖尿病>

妊娠糖尿病(GDM:gestational diabetes mellitus)とは、糖尿病が妊娠以前から存在している糖尿病合併妊娠(preexisting diabetes)のことで、妊娠中に初めて発見または発症した糖代謝異常で臨床的に糖尿病と診断されたもの(overt diabetes)は除外します。

 

妊娠糖尿病診断の定義は、糖尿病に至らない軽い糖代謝異常であるが、胎児の過剰発育が起こるため周産期リスクが高いこと、母体の糖代謝異常はいったん改善するが糖尿病発症リスクが高いものをいいます。

 

イヌ糖尿病の多くの症例で避妊雌黄体期に発見されます。
イヌに多く認められるこの黄体期発症の糖尿病は、妊娠糖尿病というより、overt diabetesに近いと考えられ、黄体ホルモンや成長ホルモンの影響で発症すると考えられています。

病態分類と、イヌの場合は??

病態(病期)区分は糖代謝異常の程度で区分され、インスリン作用不足によって起こる高血糖の程度や病態に応じて、正常領域、境界領域、糖尿病領域に分けられます。

 

糖尿病領域は、インスリン非依存状態(インスリン不要および高血糖の是正のためにインスリンが必要なことがあります)、インスリン依存状態(生存のためにインスリンが必要)に分けられます(図1)。

図1.糖尿病における成因と病態(病期)の概念(日本糖尿病学会1999年)

右向きの矢印は糖代謝異常の悪化を示し、矢印の線のうち破線部分は「糖尿病」という状態を示しています。左向きの矢印は糖代謝改善を示し、矢印の線のうち破線部分は頻度が少ないことを示しています。成因とは関係なく、インスリン依存状態とインスリン非依存状態という用語が用いられます。インスリン依存状態とは、インスリンを投与しないとケトーシスを起こし、生命に危機が及ぶ状態をいいます。生命維持のためにインスリン投与は不要ですが、血糖コントロールのためにインスリン注射が必要なものはインスリン非依存状態です。インスリン非依存状態は従来のNIDDM、インスリン依存状態は従来のIDDMに相当します。

病態の進行や治療による改善などにより領域は変化します。

イヌの場合は、成因(1型糖尿病、その他の疾患病態に伴う糖尿病、黄体期発症糖尿病)を問わず、発見された時点でインスリン依存状態のことが多いです。

 

ネコの場合は、成因としては2型糖尿病およびその他の疾患病態に伴う糖尿病であり、境界領域~高血糖是正のためにインスリンの必要なインスリン非依存状態の区分を変動しています。

 

病態が悪いときはインスリン投与が必要であり、種々の治療を行うことによりインスリン投与が不要となる境界領域まで改善することがあります。

関連ページ

糖尿病とは??~イヌ編~

糖尿病の症状