【日本獣医生命科学大学 左向教授】糖尿病のスクリーニング検査の考え方=糖化タンパク質の測定が重要

スクリーニング検査とは

スクリーニング検査とは、症状が現われていない段階で、病気や障害が起こっていないか、簡便な検査を行って調べることである。ヒトでは、糖尿病や生活習慣病を早期に発見する目的で定期的健康診断や特定健康診査(特定健診)を行っている。

特定健診では、腹囲、肥満度(ボディーマスインデックス=BMI)の計算のほか、血液検査としては、総コレステロールではなく、LDL-コレステロールおよびHDL-コレステロール、中性脂肪などを検査する。糖尿病関連としては、ブドウ糖値と糖化タンパク質である糖化ヘモグロビン(HbA1c)が共に測定されるが、HbA1c測定の方が、診断力が高いとされる。

ブドウ糖は、空腹時でも種々の糖新生系ホルモン(たとえばアドレナリンなど)の影響を受けるため変動する。糖化タンパク質は、ブドウ糖濃度と血液中に存在するタンパク質の共存時間、積分値に影響されるため、糖化タンパク質が高いときには、ブドウ糖値が長期間高いことを意味している。

特定健診は、糖尿病等の生活習慣病を早期発見し早期対策に結び付けることが目的であり、判断値は低く定められている。たとえば、HbA1cの参考基準範囲は、4.6〜6.2%とされており、糖尿病の診断は、6.5%以上となっている。糖尿病の前期には、5.7〜6.4%であり、受診勧奨(精密検査や生活指導を受けた方が良い)は6.5%以上、生活指導は、5.6%以上とされている。すなわち、参考基準範囲でも高値なら、精密検査へと進むということになる。ちなみにブドウ糖値(空腹時血糖値)も同様で参考値範囲は73-109mg/dLだが、糖尿病の診断は126mg /dL、糖尿病前期は100-125mg/dLで受診を勧めている。

動物でのスクリーニング検査

さて、動物においてはどうでしょう。イヌやネコでは種々の要因で、HbA1cが正確には測定しにくい現状であるので、血清タンパク質全体の糖化量を見ているフルクトサミン(FRA)、糖化タンパク質としてアルブミンの糖化された糖化アルブミン(グリコアルブミン:GA)が用いられる。ブドウ糖および糖化タンパク質2種類の3項目についての基準範囲は、検査方法・検査機関によるが、表のようになっている。

表.イヌ・ネコの糖尿病検査項目

ブドウ糖(mg/dL) フルクトサミン(μmol/L) 糖化アルブミン(%)
測定機関\種 イヌ ネコ イヌ ネコ イヌ ネコ
アークレイ
(スポットケム Dコンセプト)
73-120 66-200 85-299 50-289
富士フイルム 75-128 71-148 105-309 125-258 8.8-14.5 6.7-16.1
IDEXX 60-123 74-150 177-314 191-349

※2021年7月時点情報

ブドウ糖値はヒトと異なり、病院への来院によるストレス等で変動するため、健常でも高値を示すものがあり、参考基準範囲も広くなっている。このためブドウ糖値だけでの糖尿病の判断はヒトよりも困難となる。特にネコはストレス等による血糖上昇が激しいために、随時血糖値(ブドウ糖値)で250mg/dLが糖尿病状態を疑う基準とするがほとんど判断には使えない。初期糖尿病、軽度糖尿病ではさらに判断がしづらいと考えられる。

したがって、イヌやネコの糖尿病の診断には必ず、糖化タンパク質であるFRAまたはGAを測定する必要がある。「糖尿病の診断」のためには、FRAまたはGAだけでも良いと考えられる。糖化タンパク質は、ストレスや食事の高ブドウ糖値の影響も受けず、1日のどの時間に採血してもほとんど変化がないという利点もある。

動物の糖化タンパク質検査

現在のところ糖尿病の診断では、FRAで350μmol/L以上、GAで20%以上を基準としている。

早期発見、スクリーニング検査の理念から言うと、参考基準範囲を超えたものは、糖尿病前期状態、要観察、精査をする必要があると思われる。このラインは、FRAでは300μmol/L以上、GAでは15%以上だと考えられる。イヌの場合、副腎皮質機能亢進症では半分ぐらいの症例でこの状態になっているものがあり、要観察、早期糖尿病治療・対応が必要な例もある。

また、ヒトにおける受診勧奨=要指導(食事管理等)、要観察(定期的糖化タンパク質、糖の検査)のラインは参考基準範囲内の高値を意味し、動物でいえばFRA 250 μmol/L以上、GA 11%以上だと考えられる。この場合は、1年に1回の定期健診だけで無く、春・秋の健診、場合によっては3ヶ月に1回の糖化タンパク質の検査を行う。

検査値の見方(糖化アルブミンやフルクトサミン)

糖尿病の診断基準

イヌ:FRA 350μmol/L 以上またはGA 20%以上
空腹時血糖値126mg/dL以上

ネコ:FRA 350μmol/L またはGA 20%以上
随時血糖値250mg/dL以上

糖尿病前期判断

イヌ・ネコ:FRA 300μmol/L以上またはGA 15%以上

受診勧奨、要観察・要定期検査

イヌ・ネコ:FRA 250 μmol/L以上またはGA 11%以上

検査における注意点

糖化タンパク質(FRA やGA)は、いくつかの要因で変動するのでその点を注意して検査結果を判断する。

1)ネフローゼ症候群、慢性腎臓病など

尿中にアルブミン・タンパク質が多く漏れ出している状態では、アルブミン・タンパク質の半減期が短くなり、糖化タンパク質数値が低めに出ることがある。糖尿病状態でも正常範囲であると判断されることがあるので注意する。

2)ネコの甲状腺機能亢進症

FRAが低く測定されるとの報告がある。タンパク質代謝が亢進しているためと考えられ、高齢ネコの測定には注意する。GAでも同様の事が考えられ、注意を要する。

3)高タンパク血症、低タンパク血症

GAではアルブミンの糖化を測定しているが、FRAは血清タンパク質全体の量を測定している。このため、グロブリンの増加する病態、血液濃縮・希釈する病態などの影響を受ける。A/G比、血清濃縮状態を確認して判断する。

まとめ

冒頭に述べたように、ヒトではブドウ糖値やHbA1c値で糖尿病を早期発見、診断しているが、動物においては、ブドウ糖値は変動要素が多く活用しづらい。スクリーニング検査では糖化タンパク質を利用することになるが、HbA1c値は動物では測定できないので、FRAやGAといった項目が安定しており糖尿病の診断には重要になってくる。

動物の検査に利用することのできる検査機器や検査機関はいくつかあるので、それぞれの参考基準範囲を用いて、診断を行ってほしい。しかし、診断時には、検査値へ影響を与える可能性のある疾患を念頭においておく必要がある。

日本獣医生命科学大学 左向敏紀

今回の記事についてもう少し詳しく解説した資料が会員ページにあります。
血糖管理の新時代を切り拓く※糖尿病の診断や血糖コントロール目標について

グレーゾーンの摘発と対策※参考基準範囲からの逸脱だけではなく、個体データの経年変化の把握の重要性について