糖尿病のイヌにおけるフード選び

イヌの糖尿病は検査によって比較的診断は容易です。しかし、血糖値をコントロールすることが難しい症例によく遭遇します。イヌの糖尿病の治療と言えば、まずはインスリン治療がメインです。そして、食事療法や適度な運動も併用することで、よりコントロールしやすくなります。

 

糖尿病の処方食のメリットと効果的な与え方

糖尿病の処方食は、基本的に食物繊維の割合が高く配合されたものが多くなっています。これは、食物中の糖を繊維で包み込むことで、糖の体内での吸収を穏やかにすることに由来します。それにより、食後の一過性の高血糖を抑制することができます。食事の回数に関しては1日2回で十分です。血糖値のコントロールで必要にならない限り、基本的に間食は避けた方が良いと言われています。
処方食を好まない場合
せっかく体に良いフードでも、処方食を食べないイヌはいます。イヌ用のフードは、ドライフード・半生フード・缶詰があります。処方食をあまり好まないイヌの場合は、成犬用または老犬用のドライフードあるいは缶詰を与えることがおすすめです。半生フードは糖分が多量に添加されているため、糖尿病の治療には不向きです。

 

動物病院で人気の処方食

ロイヤルカナンの糖コントロールは、糖の吸収速度が遅い炭水化物として大麦を使用し、タンパク質を増量して作られています。また、可溶性食物繊維と不溶性食物繊維のバランスを調整し、糖の吸収が緩やかになるよう設計されています。妊娠期や成長期に加えて、高脂血症や膵炎の症例では使用を推奨されていません。

ヒルズのw/dは低脂肪、低カロリー、高食物繊維に調整され、体重管理や糖尿病の場合に使用されます。ストルバイト尿石が作られにくく設計されているので、すでに尿石を罹患し、糖尿病を発症した場合には使用しやすいフードです。その他にも、各メーカーで発売されている糖尿病用の処方食があるのでまずは食べさせてみて続けられそうかどうか検討する必要があります。

 

まとめ

イヌの糖尿病は、絶対的または相対的なインスリンの不足により生じる持続的高血糖をはじめとする代謝性疾患です。治療の目標は、QOLの改善であり、そのためにはインスリン治療に加えて食事療法や適度な運動が効果的です。各メーカーからさまざまな糖尿病に適したフードがでているため、処方食が続けられる場合は積極的に取り入れるのがいいでしょう。また、嗜好性の問題などにより難しい場合は半生フードを避け、成犬用や老犬用のドライフードや缶詰を与えると良いでしょう。

獣医師M

関連ページ

糖尿病の動物のための食事管理のポイントと療法食の選び方

【日本獣医生命科学大学】糖尿病管理~糖尿病ネコの食事療法と慢性腎疾患~その1

【日本獣医生命科学大学】糖尿病管理 ~糖尿病ネコの食事療法と慢性腎疾患~その2

 

会員ページにて、インフォームドコンセントに使える糖尿病管理シートや、糖尿病に関する講演内容の記事をアップしています!
ぜひご覧ください!!
会員ページ