【松波 登記臣先生】糖尿病を治療するうえでの心構え(2つ)

ここ最近のことですが、セカンドオピニオンで糖尿病を診させていただく機会が多く、その大半が既にケトアシドーシスになってしまっている症例が続いています。
それも、他の動物病院さんで加療中の子がほとんど。

ケトアシドーシスの再発なのか?、それともケトンが消えずに治療していたのか?否かの判断は難しいですが、文献上ではケトアシドーシスの再発における重症度は再発をするたびに上がっていくそうです。
それは経験上でもそう感じています。

糖尿病診断の実態?

私が勝手に行ったアンケート(当院にセカンドオピニオンで来られた糖尿病のイヌやネコを対象)では、尿検査でケトンを確認している動物病院は全体の30%にしか満たなかったということ、と同様に尿糖も測っていないということ。

 

つまり血糖値だけで糖尿病を診断している動物病院が存在している事実は、正直肯定することは出来ません。

糖尿病診断には尿検査も必要

糖尿病という病気は、尿に糖が出てくる病態を指す疾患です。尿検査をして尿糖が出ていることを確認することが、糖尿病の確定診断です。

また上記でも触れましたがケトン体が生じているかも同時に把握することも非常に重要です。ケトン体が発生しているかいないかでもその後の治療計画が変わりますし、飼い主さまへのインフォームも一変してきます。

ここ最近のセカンドオピニオンで糖尿病の加療中にもかかわらずケトアシドーシスだった症例が続発しましたので、僭越ながら“糖尿病を治療するうえでの心構え”という
大それたタイトルになってしまいましたことを、お許し下さい。

心構えの1つめは、
必ず、尿検査はしましょう!です。

血糖曲線の重要性

そしてもうひとつです。

糖尿病を診断したら血糖曲線(以下BGCs)を描きましょう。タイミングは初日からです。

セカンドオピニオンの症例で私が診させていただく飼い主さまの70%がBGCsの存在を知りません。

「血糖?曲線??」というリアクションをされる方が多いので、また改めてご説明をしている機会が多いと思うのですが、BGCsを作成せずにどうしたら食事のタイミング、インスリン治療のタイミングを把握する、予想することができるのでしょうか。

私には理解できないというのか、怖すぎるというのか。

先述したように、治療計画を立てていくなかでBGCsは毎日行うことだと思いますし、それをしなければインスリン治療薬の選択も注射するタイミングも検討がつきません。

獣医師がそれを把握していないなかで、飼い主さまにご自宅でインスリン治療を行っていただく際に生じるインフォームをどう組み立てていくのか、正直理解できません。

糖尿病の治療のそのほとんどが自宅で行われます(初期治療以外は)。

飼い主さま自身にインスリン注射を行っていただくための作業の一助が、BGCsだと私は考えています。

正直BGCsは面倒くさい作業です。何時間おきに採血して血糖値みて。ご飯食べさせて、インスリン注射して、何時間おきに採血して血糖値みて、の繰り返しです。

その作業が、糖尿病治療が嫌われる原因になっているとも思っています。

 

私の遠方の友人(獣医師)もよく言っています。「割に合わない」と。確かにその通りかもしれません。ですが私も言い返します。「入院中、最低でも5回は採血して!」と。

空腹時、食後1時間、インスリン注射後1時間、3時間、6時間

上記タイミングで採血して血糖値を記録する、だけです。少し頑張ればできることだと思います。

 

友人は上記タイミングで採血した血糖値データをそのまま送ってきてくれますが、そろそろ料金を請求するつもりです笑。

最後になりますが、心構え2つめは、
血糖曲線を描きましょう!です。

 

次回は、心構え3を紹介したいと思います。

また実際にあった症例を交えながらのお話も一緒に紹介したいと思います。

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

松波動物病院メディカルセンター 松波登記臣

 

関連ページ

糖尿病ブログ記事の連載にあたり 

スクリーニング検査としての尿検査の必要性とその方法

 

会員ページにて「糖尿病管理シート」などダウンロード可能!https://biz.arkray.co.jp/animal_blog/login.aspx