【日本獣医生命科学大学】雌イヌの黄体期糖尿病における避妊の重要性

今回はイヌで多い、避妊をしていない雌イヌの糖尿病の話をします。

イヌの糖尿病の原因として、①併発疾患なくインスリン分泌がなくなるもの(原因不明、遺伝的なものと考えられる)、②副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)に併発したもの、③膵炎、④雌イヌの黄体期に発症するものに大きく分けられます。

今回は特に、④の雌イヌの黄体期に発症するものについてご紹介します。

黄体期に発症する糖尿病のメカニズム

まず、雌イヌでは妊娠をしてもしなくても発情出血の後に黄体期が約2ヶ月続きます。これはイヌに特徴的なもので、この時期には巣作り行動をしたり、乳汁が出ることもあります。

この黄体期に卵巣から出るホルモンはプロゲステロンというホルモンであり、約2ヶ月にわたって分泌されます(黄体期の10~30日目が分泌のピーク)。
プロゲステロンはインスリン抵抗性を引き起こすステロイドホルモンであり、インスリンの作用を低下させます。このため、黄体期にインスリンが効かなくなり、高血糖になり、糖尿病が発症するというメカニズムになります。

インスリン投与から離脱できた症例紹介

今回紹介する症例は、比較的軽度の糖尿病と診断され、その翌日に避妊手術が行われました。
その後は3週間かけて徐々にインスリンの投与量を減量し、最終的にインスリン投与から離脱できました。

図1.本症例のボーダーコリー

症例は、10歳雌のボーダーコリーでした。
1ヶ月前からの多飲多尿とホームドクターで尿糖が認められたことから本学に来院しました。
初診時の血液検査の結果を表1に示します。

表1.初診時の血液検査結果

 

血糖値と糖化アルブミン(GA)の上昇から糖尿病と診断しました。また、血液検査と
超音波検査からクッシング症候群は否定されました。
避妊していない雌イヌであったことからプロゲステロンを測定したところ、高値を
示しました(無発情期では0ng/mlに近い値となる)。

そのため、黄体期糖尿病であると診断し、症例の食欲もあり一般状態も良好のため、入院初日で輸液とインスリン投与により脱水と高血糖を改善し、翌日に避妊手術を実施しました。手術後はNPHインスリン 4単位を1日2回で皮下投与し退院となりました。

入院中の食事は手術後あまり食べなかったので、退院後も家で好きなものを与えるよう指示し、手術から1週間後で再診を指示しました。

手術後の経過

術後7日目での血糖値は101mg/dLであり、GAは32.6%まで低下していたので、その後はNPHインスリン 1.5単位を1日2回で皮下投与を指示しました。

さらに術後21日目での血糖値は98mg/dLであり、GAは26.6%まで低下していたので、その後はインスリン投与をやめるよう指示しました。
その際尿糖は必ず確認し、尿糖が出るようなら電話を本学にかけるようオーナーさまに指示しました。

術後35日目での血糖値は87mg/dLであり、GAは23%まで低下していたので、今後は尿糖だけをモニタリングするよう指示し、本学での治療は終診となりました。

まとめ

このように、黄体期糖尿病と診断し、早期に避妊手術を実施すると糖尿病から離脱できる可能性があります。

イヌの糖尿病でインスリン投与から離脱できるのはほぼこの黄体期糖尿病のみです。避妊していない雌イヌが糖尿病と診断されたら必ずプロゲステロンを測定し、糖尿病の原因を精査することは重要です。
また、動物の状態および環境が許容できるのであれば、早期に避妊手術をすることが望ましいと考えられます。

日本獣医生命科学大学 森昭博、左向敏紀

関連ページ

【日本獣医生命科学大学 左向教授】糖尿病とは??~イヌ編~