【日本獣医生命科学大学】糖尿病管理~歯周病を考える~

糖尿病はインスリン分泌の低下(もしくは欠如)とインスリン抵抗性の発現によって生じ、肥満、感染症、ストレスなど様々な要因が関与しています。
糖尿病患者さんはしばしば尿路感染症や結膜炎、皮膚病、歯周病などの感染症にかかりやすいことが知られており、中でも歯周病は、ヒトの医学領域において第6番目の糖尿病合併症として注目されています。

今回は糖尿病のイヌ、ネコに対して歯周病の管理を行うことで口腔内の慢性炎症、疼痛を制御し、食欲の安定化、血糖コントロールの改善が認められたケースをご紹介します。

Case 1

・オシキャット、13歳齢、避妊雌、3 .0 kg
・食欲不振とそれに伴う血糖コントロール不良
・本学受診の2年前に糖尿病と診断されインスリン治療を開始されていました。

本学への来院は食欲不振とそれに伴う血糖コントロール不良でしたが、全身麻酔下での歯科処置により食欲が改善し、血糖コントロールの改善およびインスリン投与量の減量が可能となりました。
16週後に歯周炎が再燃しましたが、抗生剤、鎮痛剤の投与により再び血糖コントロールマーカーである糖化アルブミン(GA)が20%以下まで改善しました。

図1.血糖コントロールとインスリン投与量の変化

Case 2

・日本猫、17歳齢、去勢雄、6.2 kg
・食欲不振、血糖コントロール不良

Case 1と同様に食欲不振を伴う血糖コントロール不良で本学に来院されましたが、流涎、口臭が酷く、口腔内は下の写真の通りでした。

図2.口腔内写真

このケースは慢性腎不全も併発しており、ご家族が全身麻酔を希望されなかったため、抗生剤による内服治療が選択されました。
抗生剤投与2週間後の写真では、来院時の写真と比べて特に犬歯周囲の腫脹と発赤が消失し、食欲が改善されました。
1日の摂取カロリーが適切に満たされたことにより、インスリン投与量も安定化でき、血糖コントロールの改善へと繋がりました。

Case 3~6

・糖尿病犬4頭による歯科処置と糖尿病コントロールの関係についての検討

Case 3:ビーグル、8歳齢、未去勢雄、11.2 kg
Case 4:ビーグル、10歳齢、未去勢雄、11.3 kg
Case 5:ミニチュア・ダックスフント、6歳齢、去勢雄、5.9 kg
Case 6:ミニチュア・シュナウザー、4歳齢、未避妊雌、6.6 kg

4頭の糖尿病犬に対して全身麻酔下で歯科処置を実施しました。
写真(図3)は歯科処置前後での口腔内を撮影したものですが、多くの糖尿病犬で抜歯が必要であり、また口鼻瘻という口腔内から鼻腔に穴が開いた状態になっている場合もありました。
GAは処置前に29.3±2.1%(平均値±標準偏差)、処置4週間後にはGA 24.4±2.2%まで改善しました。
また、炎症マーカーであるCRPの値も処置前が0.84±0.5 mg/dL、処置4週間後は0.32±0.13 mg/dLと有意に低下しました。
歯科処置によって口腔内炎症が抑制され、血糖コントロールが改善されたことがわかりました。

図3.口腔内写真

図4.GAとCRPの変化 (Oda.H et al. 2011)

まとめ

糖尿病動物にとって、歯周病による疼痛やストレス、歯周病巣からの炎症性サイトカインの産生はインスリン抵抗性を増大させ、糖尿病のコントロールを悪化させる大きな原因であることが分かりました。

特にネコは、食事の嗜好性が高く、様々な理由から食欲不振を起こす子が多いです。
食欲不振の糖尿病動物では、インスリン投与量が安定せず血糖コントロールへ大きな影響をおよぼすことが考えられます。

こういった場合、まず食欲不振の原因究明、それに対して早期のケアが重要です。
また、同時にご家族に対しては、種類、形状、臭い、温度、水分量、食事の場所や食器のタイプなど、様々なアドバイスを行い、可能な限り動物が自ら食事を行えるよう援助が必要となります。

歯周病はヒトの糖尿病コントロール不良の大きな要因であることが数々報告されていますが、ヒトの糖尿病患者さんと同様に歯周病の治療と予防が重要だと考えます。
特に、動物は痛みを
表さないことも多く、歯周病の発見が遅れがちになり、今回のケースのように多くの歯を抜歯してしまうことになりやすいです。

そのため、糖尿病動物のご家族に対して、糖尿病動物は健常動物に比べて歯周病などの感染症に羅患しやすいこと、歯周病がもたらす弊害(疼痛、食欲不振、ストレス、炎症など)が糖尿病管理に重大な影響を及ぼすことをあらかじめ説明しておく必要があります。

また、老齢になってからの全身麻酔による歯科処置を行うことよりも、歯垢や歯石が付着しにくいフードの利用や、日々のデンタルケアの重要性について理解してもらうことも大切です。

これを機会に、再度、糖尿病動物の口腔内環境を見直していただきたいと思います。

日本獣医生命科学大学 小田民美、左向敏紀

 

関連ページ

【ヒト医療トピックス】歯周病がもたらすもの